地盤を知る



セキスイハイムの「家づくりヒント」

リフォーム ホームプロ

地盤を知る

地盤を知ることは耐震工事の前に大切な準備事項でしょう。

 

 

言うまでもなく、どんなに丈夫な建物に住んでいても、支える地盤がしっかりしていなければ安全性は低くなります。

 

 

地面の液状化、地すべり、ビルの高層階での大きな揺れなど大地震のたびに不安定な地盤が原因で被害が出てきました。

 

 

結局のところ、その土地の履歴を調べるのが肝心でイワユル人の履歴書と同じく、土地の履歴書を調べることです。

 

 

住まいを決める際にその土地を積極的に調べること、即ち「昔の地形や、過去に災害が起きていないかを調べることが、土地のリスクを把握する手がかりになる」のです。

 

 

たとえば、ネット上にも多くの情報があります。
防災科学技術研究所の「地震ハザードステーション」では、地震の際の揺れやすさが分かり、表層地盤の「微地形区分」を表示させると、埋め立て地や干拓地など液状化しやすい場所も把握できるのです。

 

 

国土地理院が公開する「土地条件図」でも、土地の成り立ちや性質がより細かく示されています。

 

 

それぞれの自治体がつくる「液状化マップ」にも、液状化しやすい場所が図示されています。

 

 

すべての土地の詳細が網羅されているとは限りませんが、自分が住み所の土地の履歴ぐらいはしっかりと調べておくのが何よりです!

 

 

地震保険や火災保険を考える前に、家を建てるにはまず地盤調査です!!

関連ページ

フーチング
布基礎にフーチングがない。 そんなバカな!と思われる人も多いことでしょうが、実際にないことがあるのです。
基礎パッキン
家は永遠のすみか、安らぎの拠り所です。家を建てるには  いつから準備を始めるのがいいのでしょうか?
間取りの変更
間取りの変更は何処まで可能なのでしょうか?
活断層
活断層は日本に2千以上もあり、どこでも大地震が起きる可能性があるのです。
熊本地震
熊本地震で15万人が授業受けられない状態だそうです。
羽田空港液状化対策 ずさん工事
羽田空港液状化対策 ずさん工事に加えて嘘の報告だと・・。
エコノミークラス症候群
エコノミークラス症候群は熊本地震による避難生活でも犠牲者が出て再認識させられています。