液状化



セキスイハイムの「家づくりヒント」

リフォーム ホームプロ

液状化

宅地の液状化には困ります。
阪神淡路大震災で宅地の液状化がピックアップされましたが、熊本地震でも液状化により住宅被害が出ています。

 

 

液状化になれば地割れ部分から砂や水が噴き出し、道路に広がるとともに建物が傾いてしまいます。
土砂がドロドロになることで、住宅の重みで傾いてしまうのです。

 

 

液状化は地下水位が浅く、砂が緩く堆積しているところに地震が来ると起こりやすいのです。

 

 

液状化は困りますので、防止策としてセメントなどを流し込む方法や地下水位を低下させる方法があります。
ただ、こうした地盤固めやくい打ちだけでは完全とは言えず、周囲の液状化でライフラインが滞って困ることもあります。

 

 

地震対策とは、できる範囲の対応を取ることではありますが、祈るよりほかに方法がないのかもしれません・・。

 

 

ただし手をこまねいて何もしないのではなく、出来ることから始めるのが賢い人間のやり方でしょう!

 

 

家族を震災から守る防災グッズ!【スイッチ断ボール】

 

 



関連ページ

フーチング
布基礎にフーチングがない。 そんなバカな!と思われる人も多いことでしょうが、実際にないことがあるのです。
基礎パッキン
家は永遠のすみか、安らぎの拠り所です。家を建てるには  いつから準備を始めるのがいいのでしょうか?
間取りの変更
間取りの変更は何処まで可能なのでしょうか?
活断層
活断層は日本に2千以上もあり、どこでも大地震が起きる可能性があるのです。
熊本地震
熊本地震で15万人が授業受けられない状態だそうです。
羽田空港液状化対策 ずさん工事
羽田空港液状化対策 ずさん工事に加えて嘘の報告だと・・。
エコノミークラス症候群
エコノミークラス症候群は熊本地震による避難生活でも犠牲者が出て再認識させられています。
地盤を知る
地盤を知ることは耐震工事の前に大切な準備事項でしょう。